記事一覧

立川談春独演会 金沢市文化ホール

金曜日の午後6時半開演の「立川談春独演会」です。

去年も同じような時期に、石川県立音楽堂で行われています。
今回は会場が変わって、金沢市文化ホールです。

これまでは、演題が事前に分からない独演会ですが
今回に限りかどうか、事前に文化ホールの前に張り出されている
パンフには「居残り佐平次」と出ています。

resize2987.jpg

6時開場、6時半開演で始まりました。

resize2988.jpg

マクラ話は、師匠の立川談志のことや仲間内の話題など、なんとなく
自慢話っぽく、談春も売れっ子になって、鼻が高いのかな、なんて
感じさせるどうでもいいような話から、いよいよ前座ネタです。
唐突に「錦の袈裟」が始まります。
談春の噺としては、可もなく不可もなくか。

前座ネタが終わっても、楽屋に引き下がることなく「居残り佐平次」
始まります。 この噺は長いので、途中休憩を入れますの前振り入りです。

実際、途中に15分の休憩を挟んで1時間半の熱演ですが・・・・・・・・・
元々は滑稽噺なので、私が求める談春の人情噺、談春独壇場の観客までもが
涙ぐむ感情の入れ込みもなく、なんとなく不燃焼ぎみの高座です。

落語の下げが変えられていて、定番とは違っています。
中入り休憩後からの噺の初めに、「裏を返す」、「なじみ」とかの
廓言葉の説明をなぜ入れるのかと思っていましたが、この下げを聞いて
初めて「裏を返す」の意味が分からなくては通じなかったのかと思いました。

まだまだ聞いてみたい人情噺はいっぱいあるので、次回に期待しましょうか!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オクラの花

Author:オクラの花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック