記事一覧

新潟県関川村「桂の関温泉・ゆ~む」と道の駅「関川」

次に向かったのは、道の駅「しょうない」です。
周りには風力発電の風車が何基も立っています。

resize2560.jpg

新しくできた道の駅で、4年前のナビの地図にはありませんでした。

山すそを通って、次の道の駅「鳥海」へ。

resize2561.jpg

この道の駅も子供が小さいころに行った東北旅行の帰り道に
立ち寄った記憶がありましたが、実際に行ってみて、少し思い出しました。
ここでは、ミニパプリカと生落花生を買い求めました。

山形県の海岸線を右に見て、国道7号を南下して道の駅「庄内みかわ」まで来ました。
ここの道の駅はスーパーと同居している珍しいところで、ほとんどの車は
スーパーのお客さんみたいです。
ここで軽く昼飯にしました。

resize2562.jpg

国道7号をどんどん南下し海岸線を走り、途中の道の駅「あつみ」
トイレ休憩。

resize2563.jpg

新潟県に入り、国道7号と別れ国道345号に入り、道の駅「笹川流れ」へ。
しかし、その「笹川流れ」はJRの桑川駅にあるらしく、駐車場も小さく
思わず通り過ぎてしまい、あきらめました。

村上市に入り、今日の立ち寄りスーパートしては最後になるショッピング街
買物をして、最終目的地の道の駅「関川」に併設の日帰り温泉「桂の関温泉・ゆ~む」へ。

resize2564.jpg

初めての道の駅と日帰り温泉です。

resize2565.jpg

resize2569.jpg
翌朝

駐車場はほぼ満杯状態尾でしたが、温泉はそんなにも混んでいません。
熱めの大浴場に円形のジャグジー、サウナ、水風呂に石造りの露天風呂と
いろいろと楽しめます。
女湯の水風呂の温度表示が11℃台だったらしく、女房も
「いくら私でも、入れんかった」
と、言ってました。
男湯の水風呂は温度計はなかったのですが、体感で15、6℃ぐらいだったでしょうか。
評価 4 。

P泊はキャンピングカーを止めたその位置で、少し先に上がってトリ鍋の準備。
山形の「食の駅」で買ったキムチもあえていただきます。

resize2566.jpg

resize2567.jpg

resize2568.jpg
道の駅「庄内みかわ」のスーパーで買ったカレイの唐揚げも

楽しかった3泊4日の旅行も今晩が最後です。
初めての早朝の足湯も経験。

resize2570.jpg

翌朝も6時起きの6時半出発で、新潟市内に向かいましたが、
新潟市内に入る国道は、もう完全に高速並みで、みんな突っ走っています。
信号機もほとんどなく、早い早い。

キャンピングカー内で走りながらつまみ食いの朝食をいただき、ひたすら
下道を走って、帰宅したら午後2時過ぎでした。



帰って一休みし、タマネギの苗の植え付けです。
富山県内のホームセンターでは、どこも売り切れ状態だったタマネギの
苗を、山形県内のホームセンター「ムサシ」で見つけ、購入しました。
その苗、200本を植えました。

植える前の畝の状態です。

resize2573.jpg

つい最近まで、大葉が生い茂り、それが枯れていたのを、根を残し地上部のみを
刈った状態の畝に、大葉の根っこを避けながら、植えました。

resize2574.jpg

スポンサーサイト

コメント

No title

長旅、お疲れ様でした。

ルート上を拝見すると、
私たちも利用したところが多く、
当時を、思い出します。

喜多方から米沢までの、紅葉は、
きれいですね。

P泊した、むらやま、関川は、まだ未訪問です、
いずれ、訪問したいと思います。



利用しました、

No title

hide&nori さん、コメントありがとうございます。

hide&nori さんの新潟県村上のブログも参考にしました。
笹川流れは通り過ぎてしまって、残念でした。

No title

おはようございます。
笹川流れの道の駅は昨年北海道に上がる前
立ち寄りました。
夕日が見える海岸でJRの駅に併設された道の駅
駐車場は狭かったです。

No title

TATCH12さん、おはようございます。

笹川流れの道の駅は、看板があったのですが
これはJRの駅だろうと思って通り過ぎてしまいました。
狭い道なので、Uターンする気にもなれずそのまま。

しばらくぶりの遠出でゆっくりしてきました。

No title

オクラさん、こんばんは
笹川流れは10年以上前、100系のハイエースで夏に訪れ、岩カキが絶品だったのを記憶してます。

No title

ラムボク さん、コメントありがとうございます。

次回通る時には、見逃さずに立ち寄りたいと
思います。
が、遠くてなかなか行けません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オクラの花

Author:オクラの花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック