記事一覧

畑の様子ともろもろ

ここ最近は、朝5時過ぎから畑に出て、草刈りに精を出してます。
無心になり、蚊に刺されなどして、汗をたっぷりかいた後は
昨日の残り湯がたまったお風呂に浸かり、汗を流し、さっぱりし
朝ご飯の準備にかかります。

草を刈るのが楽しみに化してきました。
いやいや草を刈るのが今までの農作業の中の一コマでしたが
自然農をやってると思うと、刈った草を寝かして草のベッドを作ったり
前日、前々日に刈った草の枯れ具合と比べたりと、説明のつかない
楽しみが多いです。

また草刈りには、鋸ガマを使って手作業をするわけで、その時の手の感触や
刈られた草から匂う、草の良い香り、これは草刈り機を使っていた作業とは
別物です。草を刈ることが、畑の一部を作る作業なんだなという感覚。

畝の上が、草や虫の亡骸が重なり層が出来、そのような自然農の理想な畝に
なるまでは、どれだけの草を刈り続けなければならないのかを考えると
気が遠くなりそうで、そこまでは考えないで、ただ無心に刈るだけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここ2週間前ほどに、毎朝届く新聞というものを止めてみました。

何故か?
ふと止めてみたらどうなるのか見てみたかったからかな。
別に新聞代の3,000円が惜しいのではないと書くのもみっともないけど
実際止めてみたかったのです。
で、どうなるのか、   実際、何も変わりません。
ゴミに出す新聞の量が、その分だけ減りました。
何も疑うこともなく繰り返される日常、そんな時間の使い方に反抗してみたくなったのかな?
インターネットやテレビで否応なく知らされる情報、それを翌日朝に活字で再確認する
って、考えてみたら時代遅れもいいところだと悟りました。

新聞には、そのたたまれている中に入ってくる大量のチラシ
買物に行くときに、そのチラシを見比べて、あれはここが安くて、あれはあっちの方が・・・・・
と、そんな買い物の仕方をしていましたが、チラシが入ってこなくなった以上は
比べたくても比べるものがありません。
あれはここにしかなく、そしてこの価格がそれでいい、と思ってしまえば
なんの後悔も、損した気持ちも湧いてこなくなり、無駄に気を揉むことがなくなりました。

次は、疑問を持ってこなかった日常の中で、何を止めてみるのか、探しています。

今まで止めたもの
先ず、ごはん、米の飯を食べるのを止めました。糖質制限はすごい価値観の転覆です。
つまらないことですが、シャンプーをする事も止めました。
私のようなほぼ坊主頭には全く無駄なことをしていたものです。
化学調味料を台所から排除しました。もう20年ほど経ちますが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たまに立ち寄る種屋さんに、ブロッコリーの苗が1ポット35円であったので
試しに6個買ってきて植えてみました。
ブロッコリーを作るのは初めてです。
先日、「はるもにあの畑」さんのご自宅前マーケットにお邪魔したときに
これからブロッコリーなどもいいですよ、って聞いていたので渡りに船でした。

resize2338.jpg
まだ植えたばかりで、それに真夏の直射日光が強いこともあり
水は、家のエアコンから出る水をためている水を、朝晩やっています。

元々2つだったのがくっついたのか、成長過程で根性が曲がったのか
変な形のトマト

resize2339.jpg

丹波黒豆の花が盛んです

resize2340.jpg

resize2341.jpg

完全終了のキュウリ、最後の変形したものを種取りに残してます。

resize2342.jpg
スポンサーサイト

コメント

No title

オクラの花さん こんにちは~🎶

うちはたったの3畝だけ、自然栽培に変えているのですが、それでも意識は確実に変わってきました。

敵視していた雑草が、野菜の栄養に見えるようになってから、草刈が好きになりましたよ。
再生させないよう根こそぎ引っこ抜くのではなく、また生えてくれるように刈るだけなので、手軽なのも気に入っています。
狭い庭だけでは足りずに、近所まで雑草取りに出歩いている程です。
ただ、腰痛持ちにはちょっと辛いですね。

まだ、収穫にばらつきがあり、うまく行かないことも多いですが、毎年少しづつ自然栽培の畝を増やしていくつもりですよ。

No title

コイズミヤクモンさん、コメントありがとうございます。

日帰り温泉のブログか、畑のブログか、分からないほど畑の記事が多く
実際に、自然農にのめり込んでおります。

「100%の実りを期待せずに、60%でいいんじゃないでしょうか」
という自然農のYOUTUBEを見て、安心しています。
草を自分の手で刈ることが、こんなに奥が深いものだとは
知りませんでしたね。

コイズミヤクモンさんのブログの更新、楽しみにしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オクラの花

Author:オクラの花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック