記事一覧

梅雨真っ只中の「自然農」の畑

富山では、梅雨、真っ最中です。
今朝方まで強い雨が降っていました。

畑では、草たちが伸び盛りの状態というか、草たちも様変わりをして
多種多様な、もちろん名前もわからない(知らないだけ)のがいっぱいです。

先週の土曜日に草刈りを一部したんだけど、どこまで刈っていいものやら
ほっておいていいのやら、自然農を始めたばかりでわからないことが次から次へと。

現状報告です。何年後かに読み返して、適切なのか早いのか遅いのか、楽しみです。

エダマメ
2週間おきに種を降ろしています。
理由は? 畝にあるエダマメ全部が一度に成り始めると、食べきれないことになるため
半畝づつ、降ろす時期をずらしています。

resize2107.jpg
第1期生  もう鞘をたくさんつけています。

resize2108.jpg
第2期生  白い小さな花を咲かせています。

resize2109.jpg
第3期生  ようやく本葉がしっかりしてきました。

resize2110.jpg
第4期生  本葉が出始めたので、鳥よけの糸張りををはずしました。

オクラ

resize2133.jpg
通路の草むらに種を降ろしたもの、小さな花のつぼみが確認できます。

resize2142.jpg
畝に並んでいるもの

resize2141.jpg
別畝に1週間遅れで種を降ろした、丸オクラと白オクラ
発芽率が良く、込み合ってしまってるので、切り取るのももったいないし
どこかへ移植でもと悩んでいるところです。

スイスチャードと小松菜
試しに初めて降ろしました。

resize2134.jpg

キュウリ

resize2136.jpg
うどんこ病にかかって切り取った部分から新しい葉が出始めました。

resize2135.jpg
隣どうし苗からツルが握手してます。

トマト

resize2137.jpg
大玉トマトが色づき始めましたが、もう3個がカラスの餌と化しました。
そのため、大急ぎでネットを張りを・・・・・

丸ナス

resize2138.jpg
千両2号以外に丸ナスも実をつけ始めています。

ズッキーニ

resize2139.jpg
ナメクジ被害に合いながらも、ようやくここまで成長。

エダマメ(黒豆)

resize2140.jpg
2日前に種を降ろしました。この雨でもう芽が出かかっています。
去年、初めて黒豆のエダマメに挑戦しましたが、種降ろしの時期が早すぎたのか
幹ばかりが育って、実が全くできなかったので、7月に入ってから降ろしました。
2週間後に、もう1袋あるのでそれも降ろす予定です。


あらためて自然農は草を刈るのが仕事であると悟りました。

刈った草を敷いた、その下からまた新しい別の草が顔を出し
その草を刈ろうと、鎌を入れると、コオロギの小さいのが飛び出します。
バッタの小さいのとか、今年は異常繁殖なのか小さいゲジゲジ(🐛)も。

畑に入り、草刈りやら実を摘んだりしていて………飽きませんね!!

(追記)
なぜ枯れないのか?
種を、直接、畝に降ろした時には、発芽するまで水やりをしましたが
それ以外には特別に水を与えていません。
買ってきた苗も、移植するときに水を1度与えただけで、以後、一切の水を
与えていません。
しかし、枯れたのはナス1株だけで、成長は遅いように見受けられますが
きちんと実をつけるまで育っています。
成長が遅い分だけ、枯れるのも遅ければいいのですが。 見守ります。
スポンサーサイト

コメント

No title

オクラの花さん こんにちは。
コメント有難うございました。

こちらはいつも読み逃げで申し訳ありません。
家庭菜園2年目のひよっこで、正直引け目を感じてしまいます。

自然農も、雑誌の付録の冊子1冊を頼りに始めたばかりなので、解らないことばかりです。
オクラの花さんの自然農に関する記事は毎回興味深く読ませていただいています。

究極の土作りを始めて数か月、参考にした冊子によれば、初年度から慣行農法と遜色のない収穫が出来るように書かれてはいますが・・・
正直言って、そううまくはいかないと思っています。

スタートする時点で、土地の条件はそれこそ千差万別なはずで、それが全て同じような結果が得られたら、かえっておかしいような気がいたします。
何年も土作りをして来た畑と、家庭菜園を始めるまで雑草の生い茂るにまかせていた、うちの庭とで同じ収穫が得られるはずがありません。
一年一年の積み重ねが必要だと感じています。

ただ、3本の畝で、そこそこの結果が得られたら、年々究極の畝を増やしていって、最後には、すべて自然農に転換するつもりではいます。

解らないなりに、これからも記事を書いていくつもりですので、こちらこそ宜しくお願いいたします。

No title

コイズミヤクモンさん、こんにちは。

いきなりヤクモンさんのブログにお邪魔をして、こうして
我がブログにコメントをいただけるなんて、ありがとうございます。

私の自然農は、ほんとに本で見て、人様のブログを見ての
勝手な判断のもとでやっております。

自然農、自然農法の違いがあることも最近知りました。

私も慣行農より自然農で栽培しているナスなどは生育に遅れが
出ているような感じがします。
でも、トマトに関しては変わらないようにも感じますし、
始めたばかりで、ほんとによく分かりません。

お立ちよりいただいて、またコメントをいただけたら幸せです。
今後ともよろしくお願いいたします。


ところで、「コイズミヤクモン」というお名前は、小泉八雲から
来ているのでしょうか?
我が富山県を代表する大学、富山大学には小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)
に関係する歴史があり、大学の図書館には「ヘルン文庫」なるものがあります。

コメントの返事にまた返事?

オクラの花さん おはようございます。

コメントの返事にまた返事をするのも変な感じですが、ご質問があったので・・・

ラフカディオ・ハーンに特別思い入れがある訳ではありません。
苗字が小泉で、高校の英語の副読本が小泉八雲の「怪談」だったせいで、ついたあだ名が「八雲」。
それがいつの間にかなまって「ヤクモン」になったと言う訳。
最初は嫌だったけど、なれとは恐ろしいもので、いつの間にやら気に入ってしまい、ハンドルネームにも使っているんです。

オクラの花さんこそ、「オクラの花」に何か思い入れがあるのでしょうか?

No title

コイズミヤクモンさん、誠にぶしつけな質問にお答えいただき
ありがとうございます。

私の姓名の姓の方は、「大場」と申します。
畑に立っていて、大場→オオバと変化し、ふと目をやると青紫蘇の葉に目が行き
それは「大葉」では・・・・・・・
しかし、それでは余りに直接的だなあ・・・・・・
大葉の横に目をやると、黄色い綺麗なオクラの花が咲いているではありませんか!
よし、それでは「オクラの花」をハンドルネームにしようか。

そんな感じの、実に思い付きでの、つまらない命名でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オクラの花

Author:オクラの花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック