記事一覧

長野県木島平村「パノラマランド木島平」と道の駅「ファームス木島平」

今回の日帰り温泉は、紹介されているページが少なく
ひょっとしたら穴場?って感じのするところです。

午前中からお出かけで、買い物ツアーもかねて糸魚川→上越→飯山と
車を走らせます。
お天気も曇りですが、雨も降らず、蒸し暑くもなく、まずまずです。

時間に余裕があったので、今夜のP泊予定地の道の駅「ファームス木島平」
立ち寄って、野菜などを少し買います。

ここは元々デルモンテの工場だったらしく、道の駅にしては意味不明のタワーが
立っていて、建物内部の物販コーナーも洒落てます。
夜間のトイレの情報を店員さんに問い合わせると、表玄関は閉まっているが
大きな駐車場側からだと、自動ドアも閉めてなく出入りはOKとのこと。

道の駅から車で10分ちょっとで「パノラマランド木島平」に到着。
ここは、スキー場に面したメインのホテルなんです。

resize2096.jpg

えっ、こんなホテルに日帰り温泉が?
と思わせるほどの場所にあります。

ホテルフロントで現金で1人500円、二人で1,000円を払って、エレベータで
フロントのある3階から1階へ降ります。

お風呂は温泉部分とクアゾーンに分かれてはいますが、自由に行き来が出来
クアゾーンの外には露天風呂もあります。
温泉部分は大きな湯船とサウナ、水風呂があり、少しではあるけど
オーバーフローしています。
源泉の出ている(?)箇所には、飲用はできないと書いてあるので、源泉ではなく
循環されているのが注がれているみたいです。

サウナは適温ですが、砂時計やら12分計がなく汗の出方に任せるしかありません。
後で聞いたら、女湯のサウナには5分計の砂時計があったらしい。
サウナの出入り口横には、水の出る蛇口、水からお湯まで1つのカランで操作できる
シャワーもあり、サウナ好きにはたまりません。
水風呂の水温も冷たく(たぶん15~6℃)で気持ちがいいです。

入り始めは客が一人で、こんなんで大丈夫かと思っていましたが、後から後から
会合などで来ていた団体客が入って来たりして・・・・・・・・・
評価4。

resize2097.jpg

道の駅に戻ると、先ほどまで玄関付近で遊んでいたヒツジがお出迎えしてくれます。
メエ~、メエ~とうるさく、心配してましたが、キャンパーに入ってしまうと
静かになってくれました。

resize2098.jpg

今晩の酒の肴はサス(カジキマグロ)の刺身にイカの黒作りなど。
久しぶりに肉系はなくお魚メインです。

resize2099.jpg

翌朝は、ヒツジの声で起こされたので、それらのヒツジに近づいて様子お伺いに。
夜は小屋、といっても簡易なものの中でお休みらしいです。

resize2100.jpg

この道の駅での車中泊は私たち1台のみで、夜間はヒツジさん達もお休みで
不気味なくらい静かでした。

resize2093.jpg

resize2094.jpg


ヒツジさんに別れを告げて、15分程度で道の駅「花の駅千曲川」にて朝食。

resize2095.jpg

富山ではシーズンが終わってしまったススタケが道の駅の物産販売所で
売られていたので購入。
富山のものより長いタケノコなんですが、帰ってから食べるのが楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

No title

オクラの花さん、ご無沙汰していました。
ようやく、パソコン交換が終わり、
コメントできるようになりました。

ソーラパネル取り付け、拝見しました。
320wあれば十分です。
配線も見えず、きれいに取り付けてありましたね。
走行充電と併用で、長期間の移動も、
バッテリーの心配は、ないと思います。

No title

hide&noriさん、コメントありがとうございます。

ソーラーの配線は、電子レンジのある辺りの天板を
穴あけして通線したそうです。

近所にあるキャンピングカー屋さんなんですけど、
元々は大工さんなので、仕事は丁寧で確実です。

トムバロンの購入を検討しているときに、セキソー・ボディさんか
アネックスさんか迷てるんだけど、って聞いたらセキソーさんのほうが
いいんじゃない! ってアドバイスもらいました。

No title

オクラの花さん

おはようございます。
コメントありがとうございます。
今週は結構いい天気が続きました。
いま摩周温泉にいます。 しばらく滞在し
友達とパークゴルフを楽しみます。

No title

TATCH12さん、こんにちはです。

北海道、楽しんでいらっしゃるご様子、うらやましいです。
お天気の良い日の北海道の空は、本当にきれいですね!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オクラの花

Author:オクラの花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック