記事一覧

桂文珍独演会

日帰り温泉に立ち寄り、すっきりしして門前町の健民公園駐車場
午後2時半過ぎに到着しました。
午後3時より独演会開催地のまんだら村にシャトルバスで移動開始
のはずでしたが、まんだら村付近の強風のため場所が変更になったとの
アナウンスが、町内の拡声器で流れ、シャトルバスも目的地変更です。

変更になった会場が門前東小学校の体育館で、バスで移動した後でわかり
会場に到着した後で、10分程歩いて健民公園駐車場にもどり、車を移動させ
東小学校近くにある総持寺駐車場まで戻しました。
この方が独演会終了後、簡単に道の駅まで移動できるからです。

resize2007.jpg

resize2008.jpg

体育館横のグランドを見下ろす階段状の観客席にジジババがずらっと
幸せそうに並んで開場を待ちます。

resize2009.jpg

5時開場が少し遅れ、5時半には開演です。

resize2010.jpg

トップバッターはいつもの桂楽珍さんの、これもいつもの「垢半分」。
もう少しレパートリーの幅を広げれないものかと思いました。

次に桂文珍師匠で、時事問題も交えたマクラの後で題名は分かりませんが
メディアの海に沈み込んでしまった主人公の悲哀を面白おかしく演じた噺。

次に今回のゲストで柳亭市馬師匠で「牛ほめ」。
市馬師匠は4年前にもゲストでいらっしゃっていましたが、リクエストが多かった
とかで、今回で2度目の講演です。

2回目の文珍師匠の噺は、「船弁慶」。
時間が押し迫っていたため短めで演じていらっしゃいました。

最後にもう一度市馬師匠で、お得意の歌謡ショーの始まりです。
リクエスト曲の「哀愁列車」などの昭和歌謡を3曲、いよいよラストの
「俵星玄番」のフルバージョンです。
開場が割れんばかりに盛り上がり、拍手大喝采の中終演しました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オクラの花

Author:オクラの花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック