記事一覧

越前市「しぶき温泉・湯楽里」と道の駅「西山公園」

予定通りに7時前に道の駅「細入」を出て岐阜県飛騨市に向かいます。

resize1890.jpg

古川町の道の駅「アルプ飛騨古川」で朝食後、市内のいつもの野菜売り場や
スーパーで買い物を済ませ、久しぶりに道の駅「飛騨古川いぶし」を通りましたが、
まだ早かったのか開店していませんでした。

道の駅「桜の郷荘川」で地元物産を物色、冬ということなのか野菜物などなしです。

ひるがの高原を過ぎ、道の駅「白鳥」で地元物産を見るが欲しいものは特になし。
ここ白鳥より福井県九頭竜に向かいます。

道の駅巡りは、次の道の駅「九頭竜」、ここでお昼になったので昼食です。
野菜を少し買いました。

「道の駅九頭竜」から、今日のメインの目的地、この19日にオープン仕立ての
道の駅「禅の里」へ、大野市、勝山市を抜けて永平寺の地元に新しく出来た
日帰り温泉付の道の駅です。
ところがオープン仕立てとあってか、すごい混みようです。
臨時駐車場に車を止めて入りましたが、物産コーナーは人の波に押されて進み
ゆっくりと物色することは出来ません。

ほんとうはここの道の駅でゆっくりし、日帰り温泉「永平寺温泉・禅の里」で湯につかり
そのままここでP泊しようかとも考えていましたが、どうも考えが甘かったようです。

それから一旦堺市に入り、酒のやまやでお酒を買い込み(毎月20日が3%引き)、
福井市を南下、福井市の郊外でスーパーセンター「プラント3」を見つけ、
時間つぶしもかねて、入りました。

今日の日帰り温泉は、「禅の里」がダメになった場合の予備として決めていた
「しぶき温泉・湯楽里」です。
福井市を過ぎ、越前市、旧武生市にあり、3年前のGWに来たことがある温泉です。

resize1883.jpg

今回も人であふれ返っているらしく、離れた駐車場に車を止めて階段を登り入ります。
券売機で一人600円の券を2枚買い、フロントでJAFカード提示すると一人50円分で
100円の現金が帰って来ました。
そこでもらったロッカーのキーが変わっていて、玄関を入った下足入れと脱衣場の
衣服入れのロッカーのキーが共通で使える代物です。 初めて見る仕組みでした。

それからエレベーターに乗って2階に上がるのですが、そのエレベーターが
山の斜面に沿って斜めに上がっていくという、変わった物です。
これもここにしかないと思います。

お風呂は45℃、43℃、41℃、38℃、35℃の5段階の湯船があり、その他にも薬湯や
寝湯までもあります。 消毒臭はありませんが、オーバーフローもなく循環みたい。
サウナは12に位は入れるもので、サウナ用敷きタオルが入り口に積んであり、
各々が濡れたら勝手に敷き替えるようになっていました。
水風呂は15℃の表示がありますが、それよりは若干高めと思いますが快適です。
45℃の湯船は実に刺激的で、しかも温泉の泉質がツルスベで良い感じ。
評価4。

P泊は15分ほど戻って道の駅「西山公園」、ここでのお泊りはもう3回目です。
晩御飯は、今回の旅の途中で買ったホタテの刺身、ホタルイカ、それに持参した
材料でキャンパーで作った石狩鍋です。
石狩鍋と言っても糖質制限でジャガイモは入っていません。
鮭のアラの切り身や豚バラ肉を酒粕、味噌で煮込んで、美味しくいただきました。

resize1885.jpg

resize1884.jpg

町の中にある道の駅の割には静かな道の駅です。

resize1886.jpg

resize1888.jpg
翌朝には車中泊車が増えていました。


話はそれますが、晩御飯の後は後片付けになり、食器を洗います。
その洗い物は、我が家のキッチンでは二口コンロの上蓋を占め、そこにタオルを敷き
朝まで濡れた食器を置いておきます。

resize1887.jpg

これの水分やら、人の呼吸から出る水分でキャンピングカー内の壁面の
骨材のある冷える箇所には、真冬などに水滴が付くようになります。
最近はだいぶん暖かくなってきたので、その水滴の付き方も少なくなって
もうすぐ窓を開けて眠ったりする季節が来るんだなあ・・・・・・・・・と、季節を感じます。

いつものように7時前には道の駅を出て帰宅に向け車を走らせます。

朝御飯は、小松市まで戻り道の駅「こまつ木場潟」でいただきました。

resize1889.jpg

食事を終えたら9時を回っていたため、道の駅の物産コーナーが開店していました。
ネギ、菜花等を買って家路に・・・・・
全走行距離は450Km、
帰宅したらまだ11時半前でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オクラの花

Author:オクラの花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック