記事一覧

上越市「ゆきだるま温泉・雪の湯」と道の駅「雪のふるさとやすづか」

思い出したように久しく行ったことのない日帰り温泉へ行って来ました。
mixiの日記を見ると、2007年の2月に行ってます。

上越市の少し山の手にある「キューピットバレイ・スキー場」に隣接されている
「ゆきだるま温泉・雪の湯」です。
今年は暖冬で、雪深い上越の山麓でも積雪が極端に少なく、道端でも50㎝くらい
積もっているのでしょうか。 道には全くありません。

食料品の買い出しをしながら途中にあるスーパーやら魚の市場やらに立ち寄り
温泉には4時半ごろに到着しました。

resize1853.jpg

スキー客もスキーを終えて、お風呂で疲れを・・・・・・・・
お客さんは、まあまあの入りです。
しかし、スキーシーズン以外はどんな入りなんでしょうか?

resize1854.jpg

以前の記憶で、ここにはサウナはあるものの、水風呂はない、そこは覚悟の上で
行きました。 
温泉フロントでJAFカード提示でお一人様のみ50円引き、普通は5人まで有効とかなんですが
で、その他イオンのカードでもいいですよ、とのことでやっと二人分を引いてもらい
2人で1,100円を現金でお姉さんに渡して入ります。

が、入ってみると、サウナ室のドアには
「2015年12月1日よりサウナは営業していません」
の貼り紙が・・・・・・・・・ おい、おい、冗談はやめてよ~!
自宅に戻ってから、HPを調べたら、営業内容の変更とお知らせのPDFに隅っこに
「サウナは終日休止となります」
とありました。 こんな隅から隅まで調べては行きませんもんね、普通は。
さて、諦めるしかありません。

じっくりと温泉に浸かっていると、温泉の湯温が熱い(たぶん43℃以上?)のも
ありますが非常に温まる温泉です。
3分ほど浸かって、5分ほど椅子に座って体を冷やして休憩、これの繰り返しで
サウナ、水風呂と同じような汗をかきました。
温泉の湯だけで、これだけ頑張れるのは富山県入善町にある「ふれあい温泉」
それ以外には、ここだけです。
露天風呂もありましたが、冬なんで冷えて湯温が低かったです。
すこしモール臭と言うのか、それにアブラ臭も混じった独特の臭いがし、
色は薄い黄緑色した温泉です。
源泉はわずかに流れていて、オーバーフローもほんのわずかですがあります。
ほとんど循環されています。 浴室内は温泉からの湯気が充満しています。
評価は難しいですが、汗もよく出たことだし、サウナ無しなんですが3+にしましょう。

P泊は、ここから10分くらい戻ったところにある道の駅「雪のふるさとやすづか」です。
道の駅に向かう頃は、曇っていた空が土砂降りの雨に変わっていました。

道の駅の写真は、温泉に着く前に買い物に寄った時に撮った物です。

resize1852.jpg

トイレは小さな別棟にあり、男子の座る方は和式が一つだけ、女性の方は和式が三つ
ハンディのある方だけ洋式、シャワー無しの旧式でした。

晩飯は、久しぶりのトン汁、それに途中で買いだしてきたイカソーメンの刺身などで。

resize1855.jpg

雨の音さえなければ、本当に静かな道の駅でした。

翌朝は7時にはここを出て、上越市街地にあるイオンまで移動して、そこの駐車場で
朝御飯をいただきました。

resize1856.jpg

帰宅したら、ちょうどお昼でした。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オクラの花

Author:オクラの花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック