記事一覧

長野県飯綱町「むれ温泉天狗の館」と道の駅「しなの」

18年近く前に、キャンピングカーのトラキャンを使い始めた頃に行ったことが
あった記憶があり、何となく「むれ温泉天狗の館」のホームページを
見ていると、今年になって新しくサウナと水風呂が出来ましたとありました。

それでは行ってみようと、決まりです。

お昼前に家を出て、いつものように買い物がてらドライブです。

国道18号より、鬱蒼とした森の中をくぐり、別荘地帯を抜けて雲仙寺湖湖畔に出ると
温泉施設がありました。
思い起こしてみると、18年も前はこんなあちらこちらに日帰り温泉はなく
この温泉も超満員で、入れずに土産物だけ買って帰った気がします。

resize1546.jpg

入浴料金600円のところ、JAFカード提示割引で二人で1100円です。
脱衣場に入り、コイン式のロッカーに衣服を入れようとして、抜き忘れの
100円玉を発見・・・・・・・

お風呂は、何かいい香りのする温泉で、源泉の出口は見当たらず循環されてます。
ぬるい湯船に、普通の湯船、露天には少し熱めの湯船、それにサウナと水風呂が。
サウナは6人掛けぐらいでテレビ付き(今回はテレビが故障していました)、
水風呂が変わっていて、四角い木桶の一人用の物が二つ並んであり、
水道の蛇口がそれぞれ付いていて、新しい水を注ぐことが出来ます。
評価4。

15分ほど北上し戻り道の駅「しなの」でP泊。

resize1547.jpg

急いでハンバーグを焼いたり、ナスを焼いたりして晩さん会の始まりです。

resize1548_201509070936381f9.jpg

ハンバーグはつなぎにパン粉ではなく乾燥オカラを使用し糖質制限に
なっています。 中にはとろけるチーズを包み込んであります。

resize1549_2015090709363900b.jpg

丸ナスの輪切りをフライパンで焼き納豆を乗せた物です。

resize1550_20150907093641255.jpg

翌朝は6時前に起き、寝る前に洗っておいた食器の後片付け等を済ませ
外に目をやると、ハイエースから下りたシルバーエイジの5人組がお外で食事開始
おい、おい、道の駅はキャンプ場じゃないんだから・・・・・・・
なんて注意する気にもなれず、この人生豊かな人たちをしばし眺めていました。
常識やマナーの持ち合わせがないのは若者だけかと思っていましたが、残念!

resize1551_20150907093707bec.jpg

キャンピングカーですれ違い様に、シルバーさん達から手を振られて
嬉しいやら、悲しいやら。

この頃は、P泊した道の駅を7時前には出て、次の道の駅などで朝食しています。
今回は道の駅「あらい」まで戻りました。

resize1552_20150907093708f46.jpg

買い求めたフライ物や畑で採れた有り合せの野菜やもらい物の果物で。

帰宅したらちょうどお昼でした。
スポンサーサイト

コメント

No title

天狗の館、富山からは比較的近いでしょうか、我が家も今夏にここのお風呂は2回利用し、しなのにも2泊しました。
朝市横の駐車場に一旦駐車しましたが、先輩キャンパーの方か朝一番に野菜搬入の軽トラが来るよと教えられ、別の場所に移動したましたが、大変涼しく過ごせました。

我が家は、車内調理ではなくレストラン利用が多く、天狗の館のレストラン、セルフサ-ビスでしたが安くって美味しかったですよ。

No title

道の駅「しなの」の朝市は8時からみたいですが、7時過ぎた頃から
搬入の軽トラックが何台も来ていました。

天狗の館のレストランは、テーブルや椅子のある方はやっていなく
大広間の方はやっていました。
売店で、地元の地野菜の種が売られていたので、何種類か買いました。
種蒔きをしたいのですが、雨ばかりなので弱ります。

我が家は田んぼはありませんが、コメ農家の方は稲刈りが出来なくて
困っていらっしゃいます。

天狗の館

初めまして!(こちらのブログでは)東風(とんぷう)です。


その昔トレーラー時代に飯綱キャンプ場の駐車場でキャンプした際、天狗の館は頻繁に利用しました。
当時は、サウナは無かったような?

道の駅しなのは、家から一時間以内で行けますが、何故かP泊したことがありません。
海無県の信州人の私は、道の駅あらいで鮮魚を買って車内で乾杯、P泊が多い私で~す。

No title

東風さん、コメントありがとうです。

天狗の館のサウナは最近作ったみたいですよ。

道の駅「あらい」の魚屋さんは、いつも人がいっぱいですね。
私たちもたまに買いますが、最近は新潟方面へ行くと、ほとんどの魚をここで買っています。
 http://www.uosei-kisuya.jp/
上越まで出られたら是非!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オクラの花

Author:オクラの花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック