記事一覧

モンゴル旅行記 6日目

さて、いよいよ最後のモンゴル。
といっても帰るだけの日です。

6時からの朝食に合わせてバイキングのレストランに向かったのに
この日はなぜか閉店したままです。
時間が早かったのか、しかし、日本人の客であれば、この時間に
帰らないと飛行機に乗れませんよ!

お迎えのゲル・キャンプの案内人さん(実は社長さんでした)の車に乗り
チンギス・ハーン空港へと。
車から降り、荷物を運んだりと、なんかバタバタしている内に案内人さんが
お帰りになり、その車で市内に戻る再び帰る息子とも、帰りの挨拶もそこそこに
手を振って別れを惜しむ間もなく、別れてしまいました。
呆気なかったです。

この頃からか、娘が気分が悪くなったと、待合室の椅子で横寝状態。
フライトの時間になり搭乗です。

resize1504_20150804101130297.jpg

すぐさま機内食が

resize1505_20150804101132676.jpg

どうも娘さんは食べれなかったみたいです。

いつ乗っても飛行機は気分の良いものではありません。
落ちたら???  不安が付きまといます。
両翼が揺れるのも楽しいものではありません。

resize1506_2015080410113489c.jpg

5時間くらいのフライトで、窓から眼下を眺めていると、陸地が目に。
長い海岸線の砂浜を横切り、するとすぐに新幹線の線路も確認でき
う~~~ん、何処かで見た景色だぞっ!
石川県の千里浜海岸を横断し、高岡市を通り射水市、富山市、滑川市まで
はっきりと見えました。
滑川漁港付近です。

resize1507_2015080410113585b.jpg

お~~、なつかしやなつかしや。

やっと成田空港へ到着。
これから税関を通り、成田エクスプレスで東京へと。
ここで娘と別れました。

娘さんはこの日からずっと下痢と嘔吐が2日以上続いたらしいです。

resize1508_20150804101136733.jpg

帰りの新幹線に乗って、富山に帰ったのは午後の8時ごろでした。
お疲れ様でした。
子供たちよ、楽しい旅行、大変ありがとうでした。

PS、その後帰った翌々日のお昼前から、今度は私が下痢と嘔吐で
3日間以上も苦しみ、3Kg近く痩せました。
ようやく、このブログを書いている8月4日になって元気を取り戻せたみたいです。
いわゆる水に当たったんでしょうか!?  生水飲んでないのにね。
お母さんは大丈夫でした、母は強し!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オクラの花

Author:オクラの花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック