記事一覧

南砺市井口村「ゆ~ゆうランド・花椿」と「桜ヶ池クアガーデン駐車場」

午後3時前に家を出ました。

目指すは6年前に訪れた事のある井口村にある「ゆ~ゆうランド・花椿」

resize0725_20140616094421b93.jpg

前の日記を見ると、あまり良い印象ではなかったんですが、それを
確かめるために、でもないですが、とりあえず行ってみようという事に。

古民家風に作られた井口村の公営の日帰り温泉施設です。
510円で玄関にある券売機で券を買って入ります。
普通は下足を脱いでから券売機が室内にあるのですが、ここは下足を
脱ぐ前に券を買うようになっています、逆じゃないでしょうか。

全てが小さめの作りですが、大浴場、ジャグジー、露天、サウナ、水風呂
一通りそろっています。 水風呂が不思議な循環の仕方をしています。
たまには来てもいいのではと感じさせるお風呂でした。
評価3+。

そこから車で15分くらいで、高速の城端サービスエリアに隣接していて
ホテルなどもある、桜ヶ池クアガーデンの駐車スペースです。

resize0728_201406160944253d9.jpg

道の駅と同じように、農産物の物販コーナーや軽食コーナーもあります。
ホテルの駐車場兼道の駅駐車場って感じです。
ここでのP泊は2回目です。

晩飯はビンチョウマグロの刺身、自家製低糖質のタラフライ、豆腐そうめん風
アボカドの刺身、ワラビの昆布〆。

resize0726_20140616094422ef8.jpg

美味しくいただきました。
気候も車の窓を少し開けて、良い具合に風が入る具合で、今頃が一番
出かけるには良い季節ではないでしょうか。

resize0727_20140616094424f99.jpg

翌朝は紀文の0麺などで腹ごしらえを済ませ、石川県にある松任市に
向かいました。

カミさんの詩舞の会の会合が、松任駅前にある会館で行われるために
10時までに送り届けるために、私はそれの送迎をさせられることになったのです。

12時前に会合が終わり、カミさんを乗せて、今度は珍しく高速に乗って
小杉に向かいました。
何故なら、午後の2時から射水市新湊にある旧中央文化会館で地元の
射水ケーブルネット主催の「立川志の輔独演会」があるからでした。
志の輔師匠は地元新湊出身で、この射水ケーブルネット主催の独演会も
これで2回目になります。

演題は、前座が7番弟子と6番弟子の2席の後で
「富山弁・親の顔」
「緑の窓口」
でした。
お馴染みの創作落語でしたが、会場は爆笑の渦で、良かったです。
スポンサーサイト

コメント

毎週のお出掛け羨ましいですね。
それにしても、糖質制限食・・・完璧ですね。
私は、ダメと言いながらビールもスーパードライを一本だけ飲み
会社のお付き合いでは、やはりまずは生ビールですから。

別に自分ではそんなにストイックな方ではないと思いますが
苦痛も感じないので、この糖質制限を続けています。

お付き合いでは仕方ありませんね。
私も宴会の最初はビール飲んでますから。

糖質制限をずっと続けていますが、これ以上痩せて行くことはありません。
江部ドクターも言ってる通り、糖質制限をやることによって、その人の
理想体重で落ち着くらしいです。
現在は身長173cm、体重65.0kgでBMIが21.7で停滞です。

理想的な体型ですね。
最近の見解では、コレステロールなど下げ過ぎてもよくないとも言われていますが、
私の場合は、既に処方薬を毎日欠かせなくなっていますから、病院代や薬代もバカになりません。
年金暮らしになったらもっと大変ですが。
BMIは23.5でぎりぎりですが標準範囲内に保っています。

私の糖質制限の理論武装であるところの一人夏井医師は著書
「炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学」で
カロリー理論そのものが間違っていると言っています。

人間ドック協会の血圧やコレステロール値の上限も変わったし
素人には分からないところで、医薬業界との癒着が絡んできている
感じがしますね。

こんにちは。
温泉いいですね。
僕は超久しぶりにキャンカーのシャワーを使いました。
蒸し暑くて,歩いてくると汗をどうしても流したくなります。
しかし,あまりに久しぶりのシャワーだったので,最初ゴミが出てきてしまいました。
でも,結果さっぱりでしました。


ただぁ,シャワー室が濡れたのが気になります,乾くまで...


前のトラキャンにはシャワールーム(?)があったにもかかわらず
1度も使ったことは無く、倉庫代わりになっていました。

今の車は、それを見越してシャワールームを注文時に排除しました。

ですから、出来ないのです。
積み込む水の量もばかになりませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オクラの花

Author:オクラの花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック