記事一覧

桂文珍独演会 輪島市門前町「夕焼け笑劇場」

今年ではや7回目になる「桂文珍独演会」です。

去年のこの落語会では、長い間列を作って順番待ちをしている客を
無視して、金沢からの観光バスの客を先に会場に入れる不始末
あったので、今年も続くようだったら、来年は考えものだ・・・・・・・
との決意で、向かいましたが、

resize0715_201406091037322c7.jpg
resize0716_2014060910373380c.jpg
resize0717_201406091037358f2.jpg

今年は順番を列を作って待っている客を、開場を30分早めて、先に
入場されるなどの配慮がありました。

これも、去年、余りにも腹が立ったので後日輪島市役所のこの独演会の
実行委員会に苦情のメールを入れたのが、功を奏したのでしょうか。

resize0718_20140609103736e95.jpg
resize0719.jpg

前座の1番手は桂文五郎さんで
「子誉め」

2番手は桂楽珍さんで
「狸賽」
落ちが替えられていたみたいでした。

ここで文珍師匠の出番です。
時節のニュースなどを楽しく可笑しく枕話の後
「老い楽風呂」

今回のゲスト、漫才の「母心」のお二人。
こ「の母心」のおかん役の方が富山県高岡市の出身らしく、そういえば
地元の北日本放送で見た事あるかも。
歌舞伎の型なども交えた、なかなか面白いユニットです、将来性有りです。

最後に文珍師匠で
「お血脈」
文珍師匠で語られるのを聞くのは初めてでした。

今回は、会の運営も含めて満足のいく独演会でした。
5時半開始で7時半終了の充実の2時間でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オクラの花

Author:オクラの花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック