記事一覧

高山市「ひらゆの森」と安房峠休憩所

雨の晴れ間に畑のダイコンを抜き、軽く洗って2本づつ縛って軒下に
下げました。 1時間半ほどの作業でしたが、今までこれをやってる
時間がなく、焦っていました。
今年のダイコンは大きく育たずじまいで、細めのダイコンしかありません。

resize0435_20131224101435012.jpg
resize0436_201312241014368df.jpg

午後から出かけましたが、どこの方面へ向かっても天気がどうもです。
買い物の目当てもあって、飛騨古川経由で平湯へ。
高山市街から平湯へ向かう途中から雪が多くなり、朴ノ木平スキー場
辺りからは完全に圧雪で道路がアイスバーンになっていました。
こちらは4WDでスタッドレス冬タイヤなので安全とは言え、下り坂では
オートマチックのギアをLまで落としての運転です。

こんな天気なので「ひらゆの森」もガラガラでした。

resize0437_20131224101437111.jpg
resize0438_2013122410143951b.jpg

いつものお湯なんでしょうが、今回は天候のせいかぬるめに感じました。
露天で60℃以上の源泉が注がれている湯船でじっくりと温まって
サウナ、水風呂とお決まりのコースで汗をかきました。
評価4。

P泊はすぐ近くの安房峠の料金所にある駐車スペース。

resize0442_20131224101652f17.jpg

午後7時半ごろに我がキャンパー1台だけだったのに、翌朝6時過ぎには
ほかに6台のほどの乗用車とワンボックス車がとまっていました。

晩飯は、家から作り置きのおでんと、惣菜コーナーで買ったフライなど。
今回は糖質0の清酒白鶴を燗酒にしていただきました。

resize0439_20131224101648067.jpg
resize0440_20131224101649fda.jpg

外は雪が深々と降ってるみたい!

翌朝は料金所にある温度計で-5℃。
フロントガラスにも氷が張っていました。
朝ごはんは晩ごはんの残りといつものサンドなど。

resize0441_2013122410165161e.jpg

8時半にここを出て帰路に着きました。
雪が圧雪になっていたのは神岡に入るくらいまでで、あとはミゾレガ降っては
いましたが、富山に入るころには雨になっていました。
スポンサーサイト

コメント

雪見温泉に入りに行きたいですが、私のキャンカーでの雪道はダメですね。
雪のない処の温泉しかいけません。
糖質ゼロの日本酒・・・どんな味でしょうか?

>糖質ゼロの日本酒・・・どんな味でしょうか?

糖質0を謳ってる酒は何種類かありますが、代表格は月桂冠です。
月桂冠には糖質0の冷酒もあります。
月桂冠と白鶴を呑み比べると、白鶴の方が行けます! 

ただし普通の吟醸酒と比べると、やはり落ちますね。

石川県の酒で福光屋というのがあり、そこに糖分0というのがありますが
それはまだ試してはいません。 今度手に入れてみます。
糖質と糖分には違いがあるので敬遠していました。

日本酒は醸造酒ですから発酵させてフィルタープレスで絞っていると思いますが、どの様にして作っているのでしょうかね。
甘さはあるのでしょうか?
正月に試してみます。

これらの糖質0の清酒を呑みなれてくると、吟醸酒などの
普通のお酒は、甘ったるく感じて呑めなくなりますよ。
甘さはほとんど感じません、辛口とでも言うのでしょうか。

ビールも濃い味糖質0に慣れてしまい、いただきものの
恵比寿ビールの味にびっくりしてしまい、慣れとは恐ろしいもの
だと感じております。

雪と温泉

おはようございます。
雪を見ながら温泉...いいですねぇ。でも寒いんですよねぇ。
今季は日本海側がすごい雪のようですね。太平洋側のしかも海のない埼玉は毎日カラッカラです。特に冬は面する海によって極端に天候が違いますね。

自分たちはこのような天候に慣れていますが、これが逆だったら
どんなにびっくりすることでしょうか。

スキーをすることもほとんど無くなったんで、時にはカラッカラの世界へ
行ってみたくなります。
でも、車の乗り降りの時の静電気、嫌ですね~!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オクラの花

Author:オクラの花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック