記事一覧

松本市「林檎の湯屋おぶー」と道の駅「小坂田公園」

お盆の連休が始まりました。
今年のお盆は6連休になりますが、前半から関東へ出かけて娘を連れだし
一緒に富山へ帰ろうという寸法です。

午前中に旅の準備を済ませ、お昼にスタートしました。
富山市内でお昼用にと、ケンタッキーに寄って41号線を南下です。

最初の道の駅は岐阜県飛騨市神岡町にある道の駅「宙ドーム神岡」

resize0219.jpg

ここでフライドチキンで昼食しました。
ここから平湯を抜け、安房トンネルをくぐって上高地へ向かう大勢の人達とは
反対に、松本方面へドライブです。
途中トイレ休憩で立ち寄ったのは道の駅「風穴の里」

resize0220.jpg

松本市内に入り、道の駅「今井恵みの里」でスイカを購入、ここのスイカで
中身がオレンジ色をしたすごく水分の多い、ここでしか見たことありません。
もう1玉、今度は中身が白色というスイカも買いました。
まだ切っていないので、どのように白いのかは定かではありません。

時間に余裕があったので、しばし道の駅で過ごしてから、ネットで探した
松本市内にある日帰り温泉「林檎の湯屋おぶー」へ向かいました。

resize0221.jpg
resize0222.jpg

富山でもよくある最近の日帰り温泉、スパーという感じで、設計者が
同じなのかマネしたのかと思わせるほど感じが似ています。
ただ、大浴場がなく、チマチマとした凝った小さな湯船がいくつもあって
子供は楽しいかもしれませんが、大人にはどうも?な感じです。
評価3+、松本市内にはネットで探しても他に適当な日帰り温泉がありません。

そこから15分ほど移動して、道の駅「小坂田公園」でP泊しました。

resize0224.jpg

家の冷蔵庫で眠っていた食材で晩飯の開始、いつものように9時過ぎには
眠りにつきました。
我が家では晩飯は、だいたいが車の中でします。
外食することは滅多にありません。 呑みたおして、すぐに横になって
眠ってしまいたいからなんです。

resize0223.jpg

大型トラックが1台、エンジンを掛けたままの状態。
他にはキャンパーが4台とワゴン車が5台ほど車中泊していたみたい。

思ったより涼しく、朝方は19℃ぐらいまで下がったようです。
スポンサーサイト

コメント

こんにちわ
6連休でお出掛け、楽しく過ごされたのでは。
道の駅 スカイドーム神岡は私も13日の夜、車中泊しました。

東京方面から信州・飛騨方面の車は多かったでしょうが、逆方向ならスムースだったでしょうね。

我が家は13.14の二日間だけの外出でしたが比較的空いていましたね。
14日の帰り道、東海北陸道の対向車線(下り高山方面)は、白鳥からひるがのSA辺りまでは完全に渋滞してましたが。

大型トラックは何処でもエンジンをかけっ放しですね・・・音が乗用車のように静かではないので困りますが。

飛騨方面、良かったみたいで何よりです。

神岡へは可児市より富山からの方が近いですね。

大型トラックの件ですが、彼らはあんな風にして睡眠をしているわけで
それが出来ないと仕事上で問題でしょうね。
睡眠不足になったり、冷凍庫のもんだいだったりと・・・・・

これはモラルとかを言い出してはきりがない問題で、社会の仕組みから
考察しないとどうも改善されないと思います。

そのとおりですね
米国ではエンジンを掛けないでエアコンダクトが各車に接続できるトラックステーションがあります。
日本も何れ、エンジンを掛けないでも冷暖房ができるような設備もできるでしょうね。
問題はコストですが。

話は大型トラックからRVパークに飛んでしまいますが、

RVパークと言えるのはアメリカ式に、汚水の処理や水道、テレビアンテナなども
あるのであれば、それなりに有料でもOKなんでしょうが、今ある道の駅の
片隅に電源箱を1個置いて、さー有料ですよ、1000円ですよ、電機は時間当たり
100円ですよ~、って言われても何か考えますね。

じゃ、同じ道の駅で通常の駐車スペースで電気は関係なく普通に車中泊する
人は、お金がかからなく、少し隔離されたところで共同の分電盤から電気を引く
にはお金がかかりますよ・・・・・・・
ただ電気を使うためにスペースをさいて、8時間電気を使ったら1800円必要
何か引っかかるものがありますね、自分には。

これが道の駅なんかではなく「湯YOUパーク」なんかのホテルや旅館であれば
納得いくのですが、道の駅で当然無料である物を電源を付加して有料のスペース
も作るその考えが分かりません。

確かに電源だけで1800円は高いでしょうね。

オートキャンプ場でもミニバンにサイドテントでキャンプすればテント一張り分の費用で、逆にキャンカーだとキャンプ場の設備を使う率が少ないのにも関わらず、料金は高く設定されているのが多いですね。

数年前からはキャンプ場へは全く行かなくなりました。

テントキャンプから始めて、たまにいるキャンピングカーが羨ましく
思っていた頃もありましたっけ。
その内、テントを組んだり畳んだりするのが面倒になり、思い切って
キャンピングカーにしようと、女房と相談し・・・・結局買いました。

オートキャンプ場、懐かしいです。
子供たちが付いてこなくなってからは、キャンプ場という場所には行きませんね。

キャンプ場の価格設定、なにか変ですよね!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オクラの花

Author:オクラの花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック