記事一覧

飛騨市古川桃源郷温泉「すぱーふる」と道の駅「アルプ飛騨古川」

新しいキャンパーで初めてのお出かけです。

乗り心地や、内装のキッチンや冷蔵庫などの使い勝手は?
ワクワク気分で午後の2時から家を出ました。

セキソーボディさんのトムバロンは車幅が2m18㎝もあるので
公道を走った感覚はどんなんかな?
エンジン音は? 段差のある道などでのショックは?

前のトラキャンのタンドラもかなり車幅のある車だったので
そんなに違和感はありません。
しかし、タンドラはアメ車なので左ハンドルです。
道路の左側に寄せて走るのには問題がなかったのですが
こんどのベース車はハイエース・ワイドなので右ハンドル
キープレフトはなかなか慣れるまで大変ですね。

エンジン音は思っていたより大きく、吹かした時などは
静かなディーゼルエンジンかと錯覚しそうなくらいでした。
振動もわりとあります。 
これもワゴン車ではなくバンだからなのかな?
パワーは2700ccのガソリンエンジンで3トン弱を引っ張るわけ
なんで、こんなもんか。
前のタンドラは4700ccだったので追い越し車線でも踏ん張れ
きれたが、ハイエースは我が道を行く様で追い越され車線を
走行することにします。
しかし、コーナーは違います。
トラキャンは重い荷物を荷台に背負ってたので重心が高くて
カーブに差し掛かる前に思いっきり減速をしていました。
それがどうでしょう、トムバロンはスムーズにコーナーを
走り抜くことができました。

国道41号を南下します。
流葉を抜け、数河高原で一休み。

resize0173.jpg
resize0165.jpg
resize0174.jpg
resize0175.jpg

お天気も良かったので、トムバロンの姿を4方向から撮影。
子供みたいに嬉しかったので許してくださいね。

それから飛騨古川まで移動して、スーパーで買い物。
スーパーの駐車場でお隣に泊まっていた地元のオジサンが
不思議そうな顔をしてこちらに挨拶をされたので、
女房がキャンパーに乗っていただいて説明をしていました。
分かれるときには手まで振っていただいてありがとうございました。

少し戻って桃源郷温泉「すぱーふる」
ここへは年に1度くらいは来ています。

resize0166.jpg
resize0167.jpg

夏休みシーズンではないので混み合ってはいませんでした。
少しツルスベのぬるめのお湯で、サウナ、水風呂も冷たく
評価3+。

午後7時を回って、道の駅「アルプ飛騨古川」へ移動。
10分ちょっとかかりました。

resize0168_20130701103514.jpg

大型トラックが、1晩中エンジンを掛けたまま停車していて
そのエンジン音の煩いこと、煩いこと。
眠れないかと思うほどでしたが、ニュウキャンパーのお祝いを
女房と酒盛りで祝ったので9時過ぎには爆睡でした。
冷蔵庫もよく冷え、製氷室に持ち込んだ氷も融けずにサラサラで
ビール(第3の)もちょうどの呑み冷え具合でした。
翌朝は4時半には目が覚め、トイレを済ませ、さてどうしようかと
キャンパー内を片付け、きちんと布団をたたんで畳が見えるように
してから、6時には移動開始しました。

高山市内に入り東海北陸道につながる高山清見道路へ入って
100㎞/h走行の感触を確かめました。
思っていたより加速が悪い感じ、でも走行安定性は問題なし。
清見で無料区間を終わるので、そこで降りて道の駅「桜の郷荘川」へ。

さすが有名な温泉併設の道の駅です。キャンピングカーが4台も
泊まっています。

resize0170.jpg

ここでやっと朝ごはんをいただきました。
畑で曲がって大きくなったキュウリを上手くスライスし
糖質をひかえたシャトレーゼ製のパンにサンドしていただきました。
ここで初めてガスコンロを使用。お湯を沸かしてコーヒーを入れた
だけなんですが、使い勝手も慣れたら問題はなさそうです。

resize0171.jpg

朝ごはんを終え移動開始
国道156号に出て富山方面へ北上です。
御母衣ダムを過ぎ道の駅「飛騨白山」へ寄りましたが、ここでは
何とかウォーキング大会とかで大勢の人が集まっていました。
次に道の駅「白川郷」、ここは2台のバンク有のキャブコンが。

resize0176.jpg

ここから道の駅「福光」まで行き、1番美味しいと自分が
お勧めの味噌を買い、途中の100円ショップでキャンパーの
棚にきちんと収納できる大きさのプラ製の籠を10個も買い、
我が家に到着したらちょうどお昼になっていました。

新キャンピングカー初の道の駅巡りの旅でした。


スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちわ

初のお出かけ
・・・黒にシルバーで目立ちますから皆さんから注目されるのでは
内部も使い勝手がよさそうですね

飛騨方面の山間道路でもパワーがあって登り道で後ろが数珠繋ぎになることは無いようですね
我が家のパワーの無いカムロードでは東海北陸自動車道の一車線区間を走るときは大変な思いをしますが

新しい車でこれからも温泉めぐりなど思い出をいっぱい作ってください

No title

レオ様、ありがとうございます。

ブラックとシルバーのキャンピングカーは珍しいというか今まで
出会ったこともないので、行く先々で視線を感じます。
窓がついていなければ、ハイエースの冷凍車かとも!?

前のタンドラと比べるとパワーが落ちますが、普通に坂道を
走ることができるので文句はありません。

つまらない身勝手な温泉巡りの日記ですが、よろしくお願いします。

No title

大場君

 初お出かけ うれしそうでしたね~~
4方向から写真も撮って・・・笑
ブログ読んでいる私まで うれしくなりました!

よかったね~~!!

No title

恭子さん、ありがとうです。

何か人生に大きな変化でもないと、毎日毎日淡々と
生活をしていても張り合いがでません。

やはり大きな出費をしてまでも買い求めたのは
その変化の一つを求めてだと思います。

またよろしくお願いしますね!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オクラの花

Author:オクラの花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック