記事一覧

トムバロンがやって来ました (その2)

そうそう、バンクベッドがあるキャンパーを忘れていました。

ハイエースを改造してキャンパーにした中でも普通はバンクベッドが
付いている車種が多いのです。
一応検討してみたのが

ファンルーチェのセレンゲティ
ファーストカスタムのボレロV・MAX

この2種もカタログを送っていただきました。
外観のバンクの張り出しを見ただけで、女房が却下しました。
ボレロには縦型のセミダブルのベッドが後部にあって、なかなか
日本車には見えないので、どうかなと考えていた自分が浅はかでした。

自分がキャンピングカー、キャンパーに求める必須条件は何なのだろう
これは譲れない条件を書いてみよう

① 車内で立てること。 身長は173㎝なんですが、普通のバンコンでは
  頭が天井にあたります。
② セミダブルのベッドがあること。 となると、枕のゆとりや、つま先を
  伸ばしたことを考えると2mぐらいは必要かな。
③ ガソリン車であること。 燃費やトルクを考えるとディーゼル車だと
  仰る方も多いのですが、仕事以外のレジャー目的なので、あのディーゼル
  の振動と騒音が自分にはダメです。
④ 冷蔵庫は必要なんですが、屈んで扉を開けて物を出し入れするのは
  面倒でだめです。 やはり冷蔵庫の扉は屈まないで目の高さ当たりに
  あるのが良いんです。
⑤ FFヒーターがあって、静かな事。
⑥ コンロはIHではなく、ガスの2口が設置されていること。
  本当はIHが綺麗で良いのは分かっていますが、初めは良くてもバッテリーが
  早くダメになってくるでしょう。 
⑦ 水タンクは給水用・排水用と50L以上で固定されていること。
  ポリタンクを積んだり降ろしたりはなかなかできません。
⑧ テレビアンテナがあること。 キャンプに来てまで俗世界のテレビを
  見るのかと思いますが、キャンプではなく日帰り温泉巡りの車旅なので
  ニュース番組はやはり見ておきたいです。

まあそんなとこかな。

そして、いよいよ実車を見に行くことになりました。
娘に会いに東京へ行くついでに(その1)に書いた3種3台を見るために
各社へメールを入れて計画をしたのですが、アネックスだけはその日に
実車が東京にいなくて見ることがかないませんでした。

東松山で関越道を降りてビッグフット社でプルミエ5.6を見せていただきました。
この車は家庭用100Vで家電を作動させるのが売りらしく、冷蔵庫に
いたっては2ドアの冷凍冷蔵庫まで付いています。 屋根には太陽光パネル、
強化されたバッテリー・・・・・う~~ん、我が家のキャンパーの車庫は
屋根付きなんで、太陽光パネルは走行中だけしか働かないんですね。
ダブルベッドがあるにはあるんですが185CM*120CMでゆとりはありません。
検討させていただくことにして、熱心に説明していただいた営業マンさん
には悪かったんですが、その足で春日部にあるセキソー・ボディさんまで
移動することにしました。

トムバロンは北陸の展示会で見せていただいていたので何となく実感は
あったのですが、今度は買う気満々で見せていただくことに。
お店は屋根つきのショールームがあるとはきいていたのですが、着いてみると
もともとはガソリンスタンドだったのかな?と思わせるような、決して
シャレた感じはしない、実質剛健なお店でした。
上下可能なベッドの固定、冷蔵庫の位置、トイレやオーニングを付けない
そんな変更項目を飲んでいただいて、すぐに見積もり作成です。
「本日8月15日までご契約をいただくと50万円値引きさせていただきます」
この甘い囁きに、女房と目配せで会話をして、よ~~っし、決めよう!

注文書にハンコです。

細かい打ち合わせは全部後回しにして、取りあえず契約です。
頭金は入れていないので、後でキャンセル可能です。


このような事情でトムバロンがやっと我が家にやって来ました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オクラの花

Author:オクラの花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック