記事一覧

「氷見温泉郷総湯」と道の駅「ひみ番屋街」

この水、木、金曜日の三日間はインフルエンザのため
医者でもらったタミフルを飲んで、一日20時間は眠っていました。

心機一転のため(?)またまた土曜日になると日帰り温泉へと

体がまだ100%復調していない感じなので行ったことの無い
近間で済ませようと・・・・・氷見までやって来ました。

去年の秋に出来た新しい日帰り温泉施設の「氷見温泉郷総湯」です。

resize1731.jpg

普通、温泉郷とか何とか郷と言えば、何軒かまたは何十軒もの
温泉宿が立ち並んでいる地域を指すと思うのです。
しかしここは去年に新しく出来た1軒だけ。
それも総湯とか名付けて、まったくもって怪しいというか常識の無い
名前だなあと半分は無視していたんです。

道の駅も新しく少し移動して「番屋街」となって大きくなっていました。
売り場の面積や店の数も増えてはいましたが、何せ売られている
魚達のお値段はこの辺の市価の何倍もするような観光客価格。

さて日帰り温泉の方は、大浴場と露天が温泉で少しモール臭のする
石川県に多いタイプでした。
天然温泉掛け流しと書いてはありましたが、実際は掛け流し部分は
少しだけでほとんどは循環されていました。
ぬるめの温度設定でなかなか温まりません。
サウナも新しくて奇麗なのですが、ここも汗の出方が今ひとつ。
評価3。

P泊は路を挟んで道の駅の駐車スペースがありましたが、傾斜がきつかった
ので、もう一方の路を挟んだ海浜公園の駐車スペースにしました。

resize1730.jpg

ここから海岸までは30mくらいなんですが、夜中には風も無いのに
沖合いからのうねりから来る波の岸壁に打ち付ける音の大きい事!

resize1732.jpg
波の来る前

resize1733.jpg
resize1735.jpg
波の砕けた後

翌朝起きてから見てみると、岸壁で砕けた波が10mもあろうかと
思え、初めての体験でびっくりでした。
スポンサーサイト

コメント

No title

インフルエンザ・・・大変でしたね。
私は予防接種のおかげか・・・何とかは風邪をひかないと言うから。

それにしても、すごい波ですね。

私も土曜日は孫を連れてセントレアに行きましたが、
風が強くて屋外の送迎デッキは、手前側のみしか立ち入れず、先端の方はへは行けませんでした
・・・すごい風で、立っているのが困難なくらいの強風でしたね。

でも羨ましいですね・・・いつもいつも温泉めぐりで。

No title

大場君もインフルエンザにかかるんだ~ 大変でしたね!

週末は氷見に行かれたようで・・。
足湯には浸かったことがあるけど まだ総湯には入ったことがない。
この波の凄さ 見たことがある。私もびっくりして 怖かったわ。

昨日私は射水市婦人会の依頼で 「異文化にふれて」という題で1時間の講演してきたんだよ。
「先生 先生」なんて言われて心臓でしょう?笑 
謝礼とお車代もいただけて ラッキーな1日でした!!

No title

レオ様

風邪は引かないに越した事はないです。
今まで自分もインフルなんて!って思っていましたよ。
体の節々の痛みが凄かったです。

富山湾は風がなくても沖合いからのうねりがひどいんです。
ひどい場合は「寄りまわり波」といって防波堤を超える事が
ありますよ。

No title

石田様

お~お、ついに先生ですか!
facebookでお顔は拝見しましたよ。

田舎だった氷見にも番屋街などが出来、もうすぐ新幹線が来て
どんどん都会の人が考える観光地風に変わって行きますね。
何処にでもあるような有り難味の無い買い物の為の観光地が。

No title

今週8日に、関西の仕事の後、夕方4時頃から急いで北上して夜ギリギリ氷見番屋街に着きそうです。回転寿司イマイチですか?、でも寿司食って飲んで、お風呂なので、全部セットされているココしかないんですよね。観光客なので、素直に観光客料金払ってお金落とします!翌日以降は、七尾、穴水へ行きます。

No title

ラムボク さん、こんにちは。

私たち地元民にとっては、観光客向けの価格で、高いと思いますが
遠方よりお越しの方にとっては、便利ですね。
駐車スペースは、少し傾斜がありますので、道を挟んだ海側の駐車場の方が
平坦なので、良いと思います。トイレもあります。

回転寿司は、まだ入ったことありませんが、地元のキトキト(新鮮の富山弁)の
魚が多いので美味しいと思います。

七尾の道の駅・フィッシャマンズワーフの方が、氷見よりもっと観光客向けの
価格帯だったと思います。
穴水の道の駅は駅舎を使っていて、特に何も珍しいものはありません。

北陸をお楽しみください!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オクラの花

Author:オクラの花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック