記事一覧

桂文珍独演会 富山県民会館ホール

日帰り温泉から帰って、昼からは午後2時からの落語です。

急いで昼飯を食べて、息子に県民会館まで送ってもらいました。

お盆休み最後の日曜日のせいか、昼興業のせいか
お客さんの入りは7割ぐらいの寂しさでした。
結局自分たちの席も最後列で慌てて買わなくても
良かったみたいな感じでした。

resize1380.jpg
resize1381.jpg

お話は
前座はいつもの桂楽珍さんで「青菜」。
一工夫を入れた熱演でした。
次に文珍師匠の「るるるとららら」
今までのマクラ話の寄せ集めで新鮮味に欠けます。
大多数のお客さんは聞いた事の無いネタなのか
客席は爆笑の連続でした。
それから、これもいつもの内海栄華さんの
三味線漫談・女道楽があって
再度文珍師匠の「帯久」
これは初ネタで、江戸落語から引っ張ってきたみたい。
志ん朝では聞いた事ありますね。
休憩中入り

resize1382.jpg

最後はこれもいつものネタの文珍師匠の「風呂敷」
同じ話なんですが少しずつ進化してきているみたい。

と言うわけですが、面白かったです。
次の富山県での文珍独演会は12月の
「入善コスモホール」までお預け。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オクラの花

Author:オクラの花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック